京都の北区で業務用エアコンのクリーニングをしてきました。
今回のお客様は3年程前に同じエアコンの掃除をさせてもらいましたリピーター様です。
因みに同じ京都の北区にあるご自宅のエアコンや換気扇のクリーニングもさせてもらってます。

今回、クリーニングしたエアコンは三菱電機製PL-RP112BA5です。
年式は分かりませんが3~4年程前のエアコンです。
01

天カセの4方向型のエアコンです。
業務用エアコンだとこの4方向に吹き出し口があるタイプが主流です。
真ん中のフィルターグリルを開けるとこんな感じ。
03

電装基盤やら送風ファンなどが見えますが、熱交換器を除いて全て分解します。
04

白い発泡スチロールの内側にある四角いのが熱交換器、エアコンクリーニングでメインの一つとなる部分です。
この部分が冷媒ガスにより温められたり冷やされたりします。そしてこの熱交換器を風が通ることによって冷たい空気が暖かくなったり、暖かい空気が冷たくなります。
要するに空気の通り道なのでここが汚れている空気が通りにくかったり、臭い空気がエアコンから出てきたりします。
家庭用のエアコンとは違い、汚れが頑固なので濃い目の洗剤とそれ専用の洗浄機でクリーニングします。
熱交換器の画像です。
0910
めちゃ綺麗になりました。

こちらは結露を受け止めるドレンパン。
ここが汚れきってしまうと水漏れの原因となってしまいます。
0708

アップで見るとこんな感じ。
0506
ヘドロのようなものが溜まっているのがわかると思います、こんなものもニオイの原因です。

ドレンパンに溜まった結露を排出するドレンポンプも分解してクリーニングします。
1415
ポンプやドレン配管も綺麗にしておかないとエラーを発生します。
日立だとドレンパンの水位異常でE2のエラーが出ます。
ダイキンだとA3エラー
三菱重工だとE9エラー
夏場は冷房を使うのでこれらのエラーが出た場合は90%は分解クリーニングで解消されます。
解消されない場合はドレンポンプ、水位計の部品交換が必要となります。

16
今回のクリーニングで出てきた汚水です。
作業時間は2時間半。
料金は26.000円です。
いつも有難うございます。