京都市の北区でサンヨーエアコンの掃除をしてきました。
今回のお客さんはリピーター様で前回はレンジフードのクリーニングをさせて頂きました。

今回のエアコンは7年ぶりの分解洗浄で付け始めの臭いが気になるとのことでご依頼をいただきました。

今回作業させて頂いた機種は左側に換気ユニットが付いている機種でまずはその換気ユニットを取り外してドレンパンや風向ルーバーのモーターを取り外します。
サンヨーのエアコンはドレンパンが取り外せる機種がほとんどなので、必ず取り外してクリーニングするようにしています。付けたままのクリーニングを可能ではありますが、外した方が洗いやすいので。
古い機種になってくると、ドレンホースの繋ぎ目を破損してしまう場合があるのでダランとたらした状態でクリーニングすることもあります。

P1030970 P1030972
本体はアルカリ性の洗剤を吹き付けて高圧洗浄機でクリーニングします。
アルミフィンの奥まで汚れが詰まっていることが多いので、念入りの掃除します。

P1030971 P1030974
ドレンパンは取り外せるので、洗い場で丸洗い。
臭いや水漏れの原因になるのでシッカリとクリーニング。

取り外した部品を元に戻してエアコンクリーニングは完了です。

H様、ありがとうございました。