ナショナルの初期型のお掃除機能付きエアコンのクリーニングをしてきました。
CS-288XB、当店が作業させて頂いた機種のエアコンで最も数の多い機種です。
P1060442

お掃除機能が付いた初期型のエアコンなので、分解に時間がかかります。
最近のお掃除機能が付いたエアコンはメンテナンスのことも考えてあるので分解は比較的簡単にすることが出来ます、メーカーによりますが・・・

今回は先日作業させて頂いた方のご実家にお邪魔させて頂きました。

作業の話です、正面のグリルを取り外すとフィルターの入ったお掃除ユニットが見えてきます。
いきなりはユニットを分解できないので、本体のカバーから外していきます。本体カバーは通常、一体型なのですが、このエアコンは左、右、下と3つに分かれているので、それぞれを分解していきます。
この状態でお掃除ユニットに付いている電装機器のコネクターを右側にある基盤から全て外します。
その後にドレインパンを外せば分解は完了。
P1060443P1060446

組み立ての時に忘れてしまうそうなところは写真に収めておきます。
P1060444

後は通常通りにクリーニングします。
P1060447P1060448

こっちはお掃除ユニットの一部のフィルターガイド。
P1060445P1060449

今回のエアコンは7年ほど使ったリビングのエアコンです。
お客様は喫煙者です。
出来れば3年に一回のクリーニングをおススメさせて頂きました。

作業時間は3時間半、料金は18.900円です